プラットホーム ぷらっとほ-む

油彩画 

檜山武夫 (1906(明治39)年-1932(昭和7)年)
ヒヤマ・タケオ
昭和5年/1930年
油彩・画布
60.0×73.0
1面

遠くまで伸びるプラットホーム。冬支度のまばらな乗客が、思い思いに汽車を待ちます。
作者の檜山武夫(1906-1932)は、広島市出身。広島機関庫で働きつつ、昭和初期の画壇で活躍。仕事柄、なじみ深い駅の日常を描いたこの作品では、念願の全関西展・初入選を果たしています。同展の審査員であった黒田重太郎は、「履き違への新しさや、空虚な様式主義」に陥ることなく「實感味に富んで」いることに好感を覚えるとともに、その冴えた色彩や根強い描写から、強い印象を受けたといいます。落ち着いたやわらかな色調と、丹念に絵の具を塗り重ねた壁や床。構内には、ほんのりと穏やかな日の光が射し込みます。実際の情景を知らなくても、どこか懐かしさを覚える画面には、この情景に注ぐ画家の温かな眼差しと、細部まで緻密に描こうと筆を重ねる、ゆっくりとした時の流れも塗り込められているようです。

作品所在地の地図

関連リンク

プラットホームチェックした作品をもとに関連する作品を探す

陸橋
陸橋

檜山武夫

帽子をかむる自画像
自画像
自画像

檜山武夫

自画像
自画像

山路商

薔薇の花
薔薇の花

黒田清輝

ページトップへ