木造地蔵菩薩坐像院誉作 もくぞうじぞうぼさつざぞういんよさく

その他の画像全2枚中2枚表示

木像 / 鎌倉 / 東北 

院誉
鎌倉/1324
1躯
重文指定年月日:20130619
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

鎌倉極楽寺の末寺として創建された長福寺の本尊。東日本大震災で破損、修理中に銘記と納入品が確認され、元亨4年(1324)に比丘尼慈仙を願主として仏師院誉により造立されたことが判明した。着衣の裾が蓮華座に掛かる形式や土紋などに関東の鎌倉彫刻の特色を示す。納入品は地蔵菩薩印仏、法華経、真言陀羅尼類、結縁交名、結縁者の爪などからなる。経の奥書や紙背文書から鎌倉諸宗派とのつながりを介した在地領主による造像の様相がうかがえる資料として注目される。

関連リンク

木造地蔵菩薩坐像院誉作チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造薬師如来立像
地蔵菩薩坐像(地蔵菩薩坐像及び龍樹菩薩坐像のうち)
木造金剛力士立像 康成作/(所在二王門)
木造地蔵菩薩立像
木造地蔵菩薩坐像
ページトップへ