鶴図屏風 つるずびょうぶ

日本画 

曾我蕭白 (享保15(1730)-安永10(1781))
そがしょうはく
日本
江戸時代中期
紙本墨画淡彩 六曲一隻
173.8×396.2cm
1

曾我蕭白による墨画淡彩で描かれた六曲一双屏風のうちの左隻。右隻の所在は明らかでない。蕭白は江戸時代にみられる厳しい道徳社会からは独立し、比較的自由奔放な生活をしていた。二羽の鶴は松、波、そして岩のダイナミックな背景に優雅な姿で立ち、墨画による明暗の色調が、画面の構成に一層の深みを与えている。

作品所在地の地図

関連リンク

鶴図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

波濤群鶴図
波濤群鶴図

曾我蕭白

林和靖図屏風
林和靖図屏風

曾我蕭白

塞翁飼馬・蕭史吹簫図屏風
山水図屏風
倣曾我蕭白山水図屏風
ページトップへ