冨嶽三十六景《東海道程ヶ谷》 ふがくさんじゅうろっけい とうかいどうほどがや

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

程ヶ谷は現在の横浜市保土ヶ谷区。程ヶ谷宿近くの品野坂は松並木が見事であったという。北斎はその松の枝振りを見事にとらえて描いている。前面の人物の描写も面白い。特に中央の馬子が、松の間から見える富士を仰ぎ眺めているが、この男のしぐさによって、遠方の富士との距離感が一気に伝わってくる。この馬子が牽く馬や背には永寿堂の家紋が見える。また、富士もよく見ると南側(画面左側)の斜面の雪が解けていて、描かれた季節が晩春であることがうかがえる。初摺りのイメージの版では人物の歩く地面や富士の裾野の山々に、明るい緑色が配されていたが、この版では藍色を主とした配色が施されている。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《東海道程ヶ谷》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《東都駿臺》
冨嶽三十六景《甲州三坂水面》
冨嶽三十六景《遠江山中》
冨嶽三十六景《武州千住》
冨嶽三十六景《青山圓座枩》
ページトップへ