脇差 銘粟田口一竿子忠綱彫同作 わきざし めい あわたぐちいっかんしただつなほりどうさく

金工 / 江戸 / 香川県 

一竿子忠綱
いっかんしただつな
香川県三豊市
江戸時代
刀長47.6 反り1.4
1
香川県高松市
1 銘表「粟田口一竿子忠綱彫同作」彫表・玉追い龍、彫裏・龍
香川県立ミュージアム

江戸時代初期に活躍した摂津の刀工であり、彫の名手として知られた銘一竿子忠綱の脇差。表には玉を追って切先の方向へ向かう龍、裏には玉を握ってもどる龍の姿が彫刻されている。刃紋のうねりと龍の動きが呼応しており、忠綱が刃紋を意識して彫りを施したことがわかる。

作品所在地の地図

関連リンク

脇差 銘粟田口一竿子忠綱彫同作チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀 銘一竿子忠綱彫同作
二王清長 脇差
太刀〈銘粟田口一竿子忠綱彫同作/宝永六年八月吉〉
刀 銘 讃州住盈永 附 盈永文書
刀 銘 讃州住盈永
ページトップへ