精煉方略図 せいれんかたりゃくず

絵図・地図 / 明治 

明治6年以降/1872~
紙本墨書着色
縦24cm 横33cm
1舗
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

佐賀藩精煉方は嘉永5年(1852)に、佐賀城下郊外の多布施高岸に設置された理化学研究所。本図は、明治6年頃の状況を描いた略図。役所や御成座のほか製薬所・硝子製造所・鋳物場・鍛冶所・紙漉場・蘭学所・硫酸工場・硝石小屋があり、離れて牛屠場小屋があった。西側には田中儀右衛門・石黒寛次・中村奇輔の居宅があったことがわかる。

作品所在地の地図

関連リンク

精煉方略図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

池田私記
池田私記

池田半九郎

御書物御図類目録
佐賀藩精煉方絵図
ガラス金魚鉢
ガラス金魚鉢

精煉所

精煉方研究調書原本訳書
ページトップへ