愛知県庁舎 あいちけんちょうしゃ

その他の画像全4枚中4枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 中部 

愛知県
昭和/1938
鉄骨鉄筋コンクリート造、建築面積4,665.99㎡、地上六階地下一階建、一部七階
1棟
愛知県名古屋市中区三の丸三丁目一番
重文指定年月日:20141210
国宝指定年月日:
重要文化財

愛知県庁舎は,名古屋市庁舎の南隣に並んで建っている。現在の建物は昭和13年に竣工したもので,渡辺仁と西村好時が基本設計を行い,愛知県内務部営繕課が実施設計を行った。
鉄骨鉄筋コンクリート造,地上六階地下一階,一部七階建である。両側の南と北には自動車庫を配置している。外観は異なるタイル張による三層構成で,三方の中央に名古屋城大天守を思わせる破風付の入母屋造屋根を載せる。
愛知県庁舎は,西洋的な様式と城郭天守の意匠を融合させて地域色を現し,昭和前期の建築思潮で課題となっていた「日本趣味」の表現を達成しており,秀逸な意匠と高い歴史的価値を有している。

作品所在地の地図

関連リンク

愛知県庁舎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

名古屋市庁舎
旧東京科学博物館本館
旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎
東海学園大講堂
日本陶磁器センター新館
ページトップへ