松浦家住宅門柱及び石塀 まつうらけじゅうたくもんちゅうおよびいしべい

住居建築 / 明治 / 九州 

宮崎県
明治/1898~1912
表門 石造、間口3.1m 裏門 石造、間口3.2m 石塀 石造、総延長34m
1基
宮崎県宮崎市大字柏原字高野迫986イ
登録年月日:20160225
登録有形文化財(建造物)

敷地の東辺を画す石塀と、そこに二所開けられた門柱からなる。門柱は二所とも高さ二・三メートルの石柱を立て、正面には装飾を施し、上部に笠石を載せる。石塀は江戸切仕上の切石を整層積にし、高さ約一・七メートルとなる。集落の景観に寄与している。

作品所在地の地図

関連リンク

松浦家住宅門柱及び石塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

土器屋家住宅石塀
旧持永家住宅門及び石塀
旧菅沼家住宅(知半庵)門及び塀
松浦家住宅石蔵
中村家住宅門及び石塀
ページトップへ