旧網走監獄 庁舎 きゅうあばしりかんごく ちょうしゃ

近代その他 / 明治 / 北海道 

北海道
明治/1912
木造、建築面積499.99㎡、鉄板葺
1棟
北海道網走市呼人一番地
重文指定年月日:20160209
国宝指定年月日:
重要文化財

網走監獄は明治23年に網走囚徒外役所を設置したことに始まり,明治36年監獄官制発布に伴い網走監獄となった。明治42年に火災により建物の大半を焼失し,現在の建物は明治45年に再建されたものである。設計は司法省で,収容者の手により施工された。その後刑務所の改築計画に伴い昭和56年以降建造物が順次現位置に移築され,博物館網走監獄として公開活用がはかられている。
旧網走監獄の庁舎ほか2棟は,監獄における主要施設であり,明治期の木造監獄建築の数少ない遺例として歴史的価値が高い。とりわけ舎房及び中央見張所は,木造の放射状舎房が完全な形で残る唯一のもので,当時の標準的な獄舎の特徴を備えており重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧網走監獄 庁舎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧網走刑務所二見ヶ岡刑務支所(二見ヶ岡農場) 庁舎
旧奈良監獄 中央看守所及び事務所
博物館網走監獄鏡橋入口哨舎
博物館網走監獄裏門哨舎
博物館網走監獄西門哨舎
ページトップへ