高山右近像 たかやまうこんぞう

彫刻 / 昭和以降 / 富山県 

原型:米治一,鋳造:大澤光民
こめじいち,おおざわこうみん
富山県高岡市
原型:昭和30年,鋳造:平成11年/1955年,1999年
金属,石膏
【1】原型(幅23.0cm高さ68.4cm×奥行20.8cm,刀の長さ24.2cm)
【2】鋳造(幅22.4cm×高さ67.6cm×奥行20.8cm,刀の長さ23.8cm)
2
富山県高岡市古城1-5
高岡市

 鋳造(ブロンズ製)と原型(石膏製)の高山右近像2体である。原型は高岡市出身の彫刻家・米治一によるものである。鋳造は高岡市出身で平成17年に重要無形文化財保持者(鋳金)に認定された、大澤光民が製作したものである。
 右手を胸の前で祈る形にし、左手で刀を持っている高山右近の像で、刀は取り外し可能である。鋳造の高山右近像は、ロザリオ部分に金色の着色がある。

作品所在地の地図

関連リンク

高山右近像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

前田利長公像
前田利長公像

原型:米治一,鋳造:北村俊之

鳩形鋳銅香炉
鳩形鋳銅香炉

米治一

寒山拾得
寒山拾得

米治一

岩上の女
岩上の女

原型:樽谷清太郎,鋳造:堺幸山

鋳銅花器
鋳銅花器

大澤 光民 

ページトップへ