朝鮮通信使関係資料 ちょうせんつうしんしかんけいしりょう

その他の画像全9枚中9枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 中国・四国 

朝鮮通信使
江戸時代/1643~1711
①朝鮮通信使漢詩書軸 従事官申濡筆 紙本墨書 寛永20年
②朝鮮通信使漢詩書軸 従事官申濡筆 紙本墨書 寛永20年
③朝鮮通信使漢詩書軸 製述官朴安期筆 紙本墨書 寛永20年…
①縦95.1×横31.5
②縦95.3×横31.5
③縦93.7×横32.4
④縦111.1×横39.3
⑤縦111.0×横39.1
⑥縦66.4×横49.5
⑦縦109.8×横49.5
⑧縦95.1×横36.6
⑨縦48.7×横62.8
9点
瀬戸内市指定
指定年月日:20150217
有形文化財(美術工芸品)

本蓮寺は、14世紀ごろ大覚が牛窓に法華堂を建てたことに始まると伝え、長禄2年(1458)に「本蓮寺」の寺号を授与されている。江戸時代、岡山藩が牛窓で朝鮮通信使を接待するようになると、寛永20年度と明暦元年度には本蓮寺が接待場所となった。その後、接待場所は「御茶屋」に替わるが、本蓮寺は岡山藩家老の宿舎などに充てられた。こうした歴史的経緯から本蓮寺は、平成6年(1994)、福禅寺(福山市)および清見寺(静岡市)とともに「朝鮮通信使遺跡」として史跡に指定されている。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

朝鮮通信使関係資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

朝鮮通信使遺跡<BR/> 鞆福禅寺境内<BR/> 牛窓本蓮寺境内<BR/> 興津清見寺境内
赤間関朝鮮通信使関係資料
赤間関朝鮮通信使関係資料

任守幹・南玉・成大中・元重挙

朝鮮諸人筆語詩巻
本蓮寺番神堂 東祠
朝鮮通信使関係資料
ページトップへ