蟻無山1号墳出土遺物 ありなしやまいちごうふんしゅつどいぶつ

その他の画像全3枚中3枚表示

土器・土製品類 / 古墳 / 兵庫県 

兵庫県赤穂市有年原 出土
古墳時代中期
埴輪・須恵器
赤穂市立有年考古館
赤穂市
赤穂市指定有形文化財(有年考古館収蔵考古資料)

 蟻無山古墳群は、兵庫県赤穂市有年原の、蟻無山山頂付近に分布する古墳群で、1号墳は全長52mの帆立貝形古墳である。蟻無山1号墳は古墳時代中期の千種川流域においては最大規模の古墳であり、注目される。
 発掘調査は実施されていないが、墳丘上より円筒埴輪、朝顔形埴輪、家・盾・船・鳥・馬形などの形象埴輪、初期須恵器の高坏形器台などが大量に採集されている。
 馬形埴輪や初期須恵器は、その製作技法から出現期段階のものとされており、注目される。

作品所在地の地図

関連リンク

蟻無山1号墳出土遺物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西野山3号墳出土遺物
西後明遺跡出土遺物
庵寺山古墳出土遺物
中山12号墳出土遺物
奥山遺跡出土遺物
ページトップへ