森本家住宅主屋 もりもとけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 

徳島県
江戸/1830~1868/1898~1912改修
木造平屋建、茅葺(鉄板仮葺)、建築面積176㎡
1棟
徳島県勝浦郡勝浦町大字坂本字生実32
登録年月日:20150326
登録有形文化財(建造物)

黄檗川支流の谷あいの敷地に南面する。桁行八間梁間五間半、寄棟造茅葺(鉄板仮葺)で、下屋は本瓦葺とし、土間の竈上部に切妻の煙出を付す。平面は西を土間とし、床上部は前後二列に部屋を並べ南東を主座敷として縁を廻らす。山間地の近世民家の特徴を伝える。

作品所在地の地図

関連リンク

森本家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

森本家住宅古蔵
森本家住宅離れ
森本家住宅納屋
森本家住宅新蔵
新井家住宅主屋
ページトップへ