紙本金地著色四季松図〈狩野探幽筆/六曲屏風〉 しほんきんじちゃくしょくしきまつず〈かのうたんゆうひつ/ろっきょくびょうぶ〉

その他の画像全4枚中4枚表示

絵画 / 江戸 / 近畿 

狩野探幽
江戸
紙本金地著色 屏風装
各 縦156.3cm 横365.0cm
一双
重文指定年月日:20130619
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

春夏秋冬の四様を見せる四本の松樹を金地の画面に、向かって右から配置する作品。
狩野探幽(1602~1674)は大徳寺の江月宗玩と交流があり、寛永12年(1635)に探幽斎の雅号を与えられている。
本図は画面に「狩野法眼探幽斎守信筆」の落款があり、狩野探幽円熟期に描かれたやまと絵金碧屏風の遺品として評価できる。

関連リンク

紙本金地著色四季松図〈狩野探幽筆/六曲屏風〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本金地著色四季花鳥図〈狩野宗秀筆/六曲屏風〉
紙本金地著色萩芒図 長谷川等伯筆六曲屏風
大和十景図
大和十景図

狩野探幽

紙本金地著色四季花鳥図〈狩野元信筆/六曲屏風〉
紙本金地著色並笛図 六曲屏風  一隻 
ページトップへ