木造徳川家康坐像/木造秀忠坐像 康猶作 (所在御影堂) もくぞうとくがわいえやすざぞう/もくぞうとくがわひでただざぞう こうゆうさく (しょざいみえいどう)

その他の画像全2枚中2枚表示

木像 / 江戸 / 近畿 

康猶
江戸
1躯/1躯
重文指定年月日:20140821
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

本堂(御影堂、国宝)西の間に安置される。秀忠像は元和6年(1620)に本人が命じて仏師康猶に造らせた自らの等身像で、家康像はそれをやや溯る時期に同じく康猶が造ったとみられる。平明で現実感のある造形に近世肖像彫刻の成立を告げる作例である。

関連リンク

木造徳川家康坐像/木造秀忠坐像 康猶作 (所在御影堂)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造蘭溪道隆坐像(西来庵開山堂安置)
木造愛染明王坐像
木造千手観音坐像
木造大日如来坐像
木造金剛力士立像 康成作/(所在二王門)
ページトップへ