東武鉄道小佐越駅プラットホーム とうぶてつどうこさごええきぷらっとほーむ

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 昭和以降 / 関東 

栃木県
昭和前/1930
石造、延長98m
1基
栃木県日光市鬼怒川温泉大原29
登録年月日:
登録有形文化財(建造物)

小佐越駅が開業したのは大正一三年であるが、後に矢板線の開業などに併せて改良工事が行われた際に造られたもの。延長九八メートルの玉石積盛土式プラットホームで、地域の石材を活用した特徴ある外観が建設の歴史を今に伝えている。

作品所在地の地図

関連リンク

東武鉄道小佐越駅プラットホームチェックした作品をもとに関連する作品を探す

東武鉄道大桑駅プラットホーム
東武鉄道新高徳駅プラットホーム及び上家
東武鉄道大谷向駅下りプラットホーム
東武鉄道大谷向駅上りプラットホーム
東武鉄道下今市駅旧跨線橋
ページトップへ