愛媛面影 えひめのおもかげ

その他の画像全6枚中6枚表示

文書・書籍 / 明治 / 愛媛県 

半井梧菴
なからいごあん
明治時代
典籍
24.9cm×17.5cm
5冊
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

伊予今治藩医で国学者の半井梧菴が著した私撰地誌で、『古事記』に記された「愛比売」に、現在の県名となっている「愛媛」の文字を初めて宛てたことで知られる。慶応2(1866)年の序文には、梧菴が伊予国風土記の散逸したことを嘆き、新しい風土記の編纂に取り組んだことが記されている。江戸時代後期に流行した名所図絵のスタイルにならい、名所旧跡を描いた挿絵が随所に見られる。

作品所在地の地図

関連リンク

愛媛面影チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊予宇和島藩領地図(元禄伊予国絵図部分)
薩摩誌〈三瀬諸淵旧蔵本〉
西条誌
西条誌

日野和煦

伊予国宇和郡東多田村絵図
元禄伊予国絵図
ページトップへ