文鏡秘府論 ぶんきょうひふろん

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 明治 / 愛媛県 

空海
くうかい
明治時代刊
典籍
26.4cm×18.5cm
3冊
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

空海が漢詩論を述べた著作。中国の六朝から唐までの詩文を取りまとめ、弘仁年間(810〜23年)に成立したとされる。特に音韻、修辞に関する解説が多く、本場面でも「韻文のあでやかな美しさは、対偶表現の力であり、散文のすぐれた達意性は、配置の巧みさによる。言葉が対になっていなければ、語の無駄遣いになってしまうし、適切な韻が用いられていなければ、くだくだしいだけで効果はない」と述べている。空海が残した『文鏡秘府論』には中国で既に伝存していない漢詩が数多く収められ、日本のみならず東アジア全体の中で評価される貴重な文学論作品である。本資料は明治時代刊。

作品所在地の地図

関連リンク

文鏡秘府論チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吽字義
吽字義

空海

大日経開題
御請来目録
三教指帰
三教指帰

空海

高野大師行状図画
ページトップへ