ザクセン選帝侯ヨハン・フリードリヒ豪胆公の肖像 ざくせんせんていこうよはん・ふりーどりひごうたんこうのしょうぞう

油彩画 

クラーナハ、ルーカス(父) (1472-1553)
くらーなは、るーかす(ちち)
ドイツ
1533年
テンペラと油彩の混合技法、板から移されたカンヴァス
37.8×39.5cm
1

クラーナハはアルトドルファーらと並ぶドナウ派の巨匠で、1505年にザクセン選帝侯フリードリヒ賢侯に招かれてヴィッテンベルクの宮廷画家となり、肖像画や祭壇画を制作している。3代にわたるザクセン選帝侯に仕え絵を描いたが、ここに描かれたのはクラーナハが最後まで忠誠を誓った3代目のヨハン・フリードリヒ豪胆公(在位1532―47年)の若き日の気力に満ちた肖像である。作者の高い写実の技術、深い心理描写など、鋭い眼によって、モデルの男性的で特異な風貌や豪放な性格がよく映し出されている。この右向きの半身像は、もと二連式絵画(ディプティク)の左側の一部分であったと思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

ザクセン選帝侯ヨハン・フリードリヒ豪胆公の肖像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ザクセン選帝侯フリードリヒ3世の肖像
ザクセン選帝侯フリードリヒ3世の肖像

オステンドルファー、ミヒャエル

行政長官の肖像
行政長官の肖像

ベリーニ、ジョヴァンニ

男の肖像
男の肖像

ハルス、フランス

紳士の肖像
紳士の肖像

ストリーゲル、ベルンハルト

若い婦人の肖像
若い婦人の肖像

ラルジリエール、ニコラ・ド

ページトップへ