一行書 玉不琢不成器 いちぎょうしょ たまみがかざればうつわにならず

 / 室町 / 日本 

青蓮院宮 尊鎮法親王 (1504-1550)
しょうれんいんのみや そんちんほっしんのう
日本
室町時代後期/16世紀前期
紙本墨書
104.9×22.8cm
1
広島県廿日市市大野亀ヶ岡701
海の見える杜美術館

 幕府の決定を不服として高野山に出奔するなど、活動的な様子を示す数々の資料がある。書では尊鎮流を開き、入木須知という筆道書に「尊鎮親王より梶井尊悟親王へ送り給ふ書」があり、絵巻の詞書きや、物語の題字なども残されている。
 この一行書は儒教の五経の一つ「礼記」に所収。続いて「人学ばざれば道を知らず、是の故古の王は国を建て民に君し、教学先と為す」とあり、「艱難汝を玉に為す」と同義語である。堅忍不抜の強固な志が現れている。後奈良天皇の弟宮に当たる。(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

作品所在地の地図

関連リンク

一行書 玉不琢不成器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御一行書  天神名号
御一行書 天神名号

後陽成天皇

御書状  「就昨日口論之儀」
御書状 「就昨日口論之儀」

青蓮院宮 尊朝法親王

一行書  庶事無留是其勤也
一行書 庶事無留是其勤也

有栖川宮 熾仁親王

御書状  「御庭前花盛」
御書状 「御庭前花盛」

伝 青蓮院宮尊円法親王 

御和歌三首懐紙  「閑庭菊」
御和歌三首懐紙 「閑庭菊」

上乗院宮道永法親王

ページトップへ