福岡県稲童古墳群出土品 ふくおかけんいなどうこふんぐんしゅつどひん

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 古墳 / 九州 

福岡県
古墳
一括
福岡県行橋市中央1-9-3
重文指定年月日:20150904
国宝指定年月日:
登録年月日:
行橋市
国宝・重要文化財(美術品)

瀬戸内海西端の周防灘(すおうなだ)に面した稲童古墳群から出土した古墳時代前期末葉から中期後半の古墳副葬品。8、15、21号墳の副葬品160点と、附37点で構成され、甲冑などの金属製品を豊富に含むことを特徴とする。
 なかでも21号墳(古墳時代中期中頃)出土の優美な金銅立飾が付いた眉庇付冑は国内外に例がなく、立飾の形状は、朝鮮半島に系譜を辿ることができる。
 本件は、周防灘沿岸における古墳時代前・中期の古墳副葬品一括として貴重であり、同一古墳群内で武器、武具、馬具類の形態的、技術的変遷を辿ることができる稀有な資料であり、学術的価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

福岡県稲童古墳群出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宮崎県島内地下式横穴墓群出土品
大阪府野中古墳出土品
愛知県馬越長火塚古墳出土品
静岡県明ヶ島古墳群出土土製品
紀伊大谷古墳出土品
ページトップへ