勝坂遺跡出土縄文時代草創期遺物 かっさかいせきしゅつどじょうもんじだいそうそうきいぶつ

その他の画像全2枚中2枚表示

土器・土製品類 / 縄文 / 関東 

神奈川県
縄文草創期
土器・石器
一括
神奈川県相模原市中央区高根3-1-15
相模原市指定
指定年月日:20120401
相模原市
有形文化財(美術工芸品)

勝坂遺跡から出土した縄文時代草創期遺物は、縄文時代草創期の土器と狩猟関係石器である細石刃核(さいせきじんかく)、尖頭器(せんとうき)などの石器群である。これらは旧石器時代の文化が残る縄文時代草創期の資料として重要である。このため、相模原市の文化財として指定することが妥当である。

作品所在地の地図

関連リンク

勝坂遺跡出土縄文時代草創期遺物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

野川遺跡出土品
群馬県下宿遺跡出土品
大鹿窪遺跡
下森鹿島遺跡第Ⅲ文化層出土の石核
矢掛・久保遺跡出土品
ページトップへ