千栗八幡宮肥前狛犬 ちりくはちまんぐうひぜんこまいぬ

その他の画像全2枚中2枚表示

石像 / 安土・桃山 / 九州 

不明
佐賀県
安土桃山/安土桃山年間1575-1603
砂岩系の石材を使用した石造彫刻による狛犬1対。肥前狛犬の特徴を良好に示している。阿像の像高は57.5㎝、吽像の像高は50.0㎝と肥前狛犬の中では大型の部類に入る。阿像・吽像ともに…
阿像―像高57.5㎝、脚部間-48㎝、吽像―像高50㎝、脚部間-50㎝
1対
佐賀県三養基郡みやき町大字白壁2415番地1
みやき町指定
指定年月日:20120120
千栗八幡宮
有形文化財(美術工芸品)

奉納者については、いくつかの説を展開することが可能であるが、まず阿像の右銘と左銘が同一人物であると仮定し右銘の「藤原 朝臣 信○」を「藤原朝臣信親」と読んだ場合、龍造寺家臣「龍造寺信親」となり「龍造寺掃部助(かもんのすけ)」とも名乗った人物でもあることから、左銘とも符合する。一番妥当な説と考えられるが、同一狛犬の左右銘に同一人物の異なる名称を記すのか、という疑問が残る。次に右銘と左銘が別々の人物と仮定し右銘の「藤原 朝臣 信○」を「藤原朝臣信忠」と読んだ場合、「天正十一年(1583)千栗宮宝殿棟札写」に「大願主出雲兵部大輔藤原朝臣信忠」の名が記されているとおり、千栗八幡宮宮柱である出雲家の人物であると推定可能である。一方、左銘の「龍造寺 掃部助」は、前述の「龍造寺信親(掃部助)」と考えてもよいが、別の説として、龍造寺氏が西島城の横岳氏を攻めた際、神埼郡崎村城主であった犬塚家広を中津隈城に配し、守りとしたことが知られているが、この犬塚家広と同族でほぼ同じ時代の人物として犬塚掃部助鎮盛(しずもり)が存在し、彼もまた「掃部助」を名乗っていることから、龍造寺の家来である「掃部助」という記名の仕方であれば、犬塚掃部助鎮盛の可能性もある。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

千栗八幡宮肥前狛犬チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造獅子狛犬
明和八年銘石造狛犬
刀 銘 肥前國住藤原忠廣 寛永七年八月吉日
吹咳権現神社資料(祭神像・絵馬・狛犬)
狛犬
ページトップへ