島田宿大井川川越遺跡 しまだじゅくおおいがわかわごしいせき

その他の画像全4枚中4枚表示

史跡 / 江戸 / 中部 

静岡県
江戸時代
島田市河原町
指定年月日:19660801
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S41-6-064島田宿大井川川越遺跡.txt: 箱根八里と並び称される大井川の川越は、わが国交通史上特異なものとして人口に[[膾炙]かいしゃ]している。[[川会所]かわかいしょ](川庄屋が詰めて徒渉事務を扱い旅人が川越の札を買った所)の建物は、現在大井川のやや上流、国道沿いに移されているが、用途に即した構造をよくとどめている。旧東海道沿いには川会所の跡地をはじめ、川越に伴う諸施設、たとえば川越人夫が札と現金を引き換えた[[札場]ふだば]や一番[[宿]やど]から十番宿に至る[[人足溜場]にんそくたまりば]などの遺構が街道をはさんで連なっている。

平成26年3月 追加指定・一部解除
 島田(しまだ)宿(しゅく)大井川(おおいがわ)川越(かわごし)遺跡(いせき)は大井川の川越に係わる遺跡である。箱根八里と並び称された大井川の川越は我が国の交通史上重要なもので、大井川のやや上流に移されていた川(かわ)会所(かいしょ)の建物や、旧東海道沿いに存在する川会所の跡地をはじめ、札場や一番宿から十番宿に至る人足(にんそく)溜場(たまりば)などの川越に伴う遺構が街道をはさんで連なっていることから、街道を含むそれらの範囲が昭和41年に史跡に指定された。
 その後、島田市教育委員会により、昭和45年には川会所の移築復元がなされ、昭和57年までに札場や仲間の宿、二番宿等の諸施設の復元が実施され、保存・活用が図られてきた。また、街道の整備や個人住宅改築に伴って島田市教育委員会により発掘調査が実施されてきた。
 島田市教育委員会が史跡のさらなる保存・活用を図るため、文化年間作成の『東海道分間(とうかいどうぶんけん)延絵図(のべえず)』や…

作品所在地の地図

関連リンク

島田宿大井川川越遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《東海道金谷ノ不二》
中城ハンタ道
河越館跡
越中五箇山菅沼集落
東海道五拾三次之内 24 嶋田《大井川駿岸》
ページトップへ