清風荘 主屋 せいふうそう おもや

その他の画像全3枚中3枚表示

住居建築 / 大正 / 近畿 

京都府
大正/1912
木造、建築面積322.14㎡、一部2階建、寄棟造、桟瓦葺一部こけら葺
1棟
京都府京都市左京区田中関田町
重文指定年月日:20120709
国宝指定年月日:
国立大学法人京都大学
重要文化財

 清風荘は鴨川の東、今出川通の北側に所在する。西園寺公望の京都私邸として住友家が建設したもので、大正元年に主屋が完成し、大正3年までに附属の建物が整えられた。
敷地の西半に主屋を中心として建物を配し、東に離れ、北に土蔵と納屋、附属屋、南に茶室、西に正門を設ける。主屋は各部屋を大小の中庭を介して接続し、二階座敷からは東山を望む。いずれの建物も上質の数寄屋建築で、私邸らしい落ち着いた室内意匠である。設計は住友家出入りの八木甚兵衛(二代)により、茶室や供待などを数寄屋大工の上阪浅次郎が手掛けた。
清風荘は、端正な意匠の数寄屋住宅であり、一体として整備された附属施設も残されており、近代和風建築の精華の一つとして重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

清風荘 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

清風荘 納屋
清風荘 茶室
清風荘 第一中門
清風荘 正門
清風荘 第二中門
ページトップへ