萩月図襖 はぎつきずふすま

日本画 

鈴木其一 (寛政8(1796)-安政5(1858))
すずききいつ
日本
江戸時代後期
絹本着色 襖(四面)
174.2×292.0cm
4

鈴木其一は、江戸琳派の画家酒井抱一(松平不昧と懇意だった姫路藩主酒井忠以の弟)の弟子である。白と薄紅色の穂を付け、しなやかに枝を垂れる萩が、夜風に揺られているさまが描かれている。楕円形に欠けた月が浮かぶ、絹地の画面全体に銀泥を掃くことにより、鈍く柔らかい月光に満たされた無限の空間をつくりだしている。萩の花房と葉を、色調を変えながら緻密に描き分けるところに、其一の繊細な感覚がうかがえる。

作品所在地の地図

関連リンク

萩月図襖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

風神雷神図襖
風神雷神図襖

鈴木其一

人丸図
人丸図

酒井抱一

白梅図屏風
竹林七賢図
竹林七賢図

曾我蕭白

草花図押絵貼屏風
草花図押絵貼屏風

宗雪印(喜多川相説?)

ページトップへ