冨嶽三十六景《東海道品川御殿山ノ不二》 ふがくさんじゅうろっけい とうかいどうしながわごてんやまのふじ

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
25.3×37.7cm
1

品川区北品川町三丁目あたりとされる。現在はこの丘陵は取り壊されて地名に残るだけとなったが、広重の『名所江戸百景』には、その形がよくわかる版図がある。江戸時代に桜の木が植樹され、花見の名所として広く知られ大いに賑わったようである。この図にも、画面左下に見える品川の宿に面した御殿山の丘陵で、花見を楽しむ人々の情景が描かれている。酒を酌み交わす者、稚児を肩車する男や背負う女、扇を手におどける男たち。女をからかう坊主頭の男が背負う風呂敷には、ここにも山型に巴紋の永寿堂の家紋が入っている。この男、「五百らかん寺さざゐ堂」にも登場した男と同一人物のようだ。品川沖に見える海には版木の木目を利用した波の表現が巧みに施されている。北斎の制作に応えた彫師の力量も、また素晴らしい。この版は木々に藍色を配したバージョンだが、木々の緑が鮮やかなものもある。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《東海道品川御殿山ノ不二》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《五百らかん寺さゞゐどう》
冨嶽三十六景《駿州片倉茶園ノ不二》
冨嶽三十六景《御厩川岸より両國橋夕陽見》
冨嶽三十六景《従千住花街眺望ノ不二》
冨嶽三十六景《東海道金谷ノ不二》
ページトップへ