二つの道 ふたつのみち

油彩画 

寺田政明 (1912(明治45)年-1989(平成元)年)
テラダ・マサアキ
昭和29年/1954年
油彩・画布
116.9×91.2
1面

川の流れのように、曲がり増幅する二つの道。路上には行き交う人の姿もなく、一匹の犬がいるばかりです。道沿いに伸びた渦巻きうねる領域は、川土手でしょうか、道の存在を脅かすほどの力強いエネルギーに満ちています。
作者の寺田政明(1912-1989)は、北九州市出身。昭和初期に上京し、靉光や麻生三郎、松本竣介らと交友しつつ、独自の新しい絵画表現を模索しました。60年に及ぶ画業のなかで、表現様式は変化を遂げる一方、つねに自然を追求する作画姿勢は変わらず、自然を見つめることで見出した、さまざまな生命の姿を描き続けました。この作品では、水や大気、土や樹木といった身近なものからなる情景を、躍動感ある表現で生き生きと描き出しています。まるで、人知れず湧き起こるかのような命の気配からは、作者がつねに重視した、未知の驚異や生きものの生命感が感じられるようです。

作品所在地の地図

関連リンク

二つの道チェックした作品をもとに関連する作品を探す

生と死の凝視
生と死の凝視

寺田政明

コミサ(洋傘による少女)
娘の化粧
娘の化粧

里見勝蔵

帽子をかむる自画像
象嵌彩窯変磯蟹大皿
ページトップへ