旧奈良監獄 中央看守所及び事務所 きゅうならかんごく ちゅうおうかんしゅしょおよびじむしょ

建造物 / 近畿 

奈良県
明治
煉瓦造、建築面積1908.75平方メートル、2階建、地下1階、桟瓦葺一部銅板葺
1棟
奈良県奈良市般若寺町18番地
重文指定年月日:20170223
国宝指定年月日:
重要文化財

旧奈良監獄は,明治政府による第一期監獄改築計画の一つとして計画された。設計は司法省営繕課長の山下啓次郎とみられ,明治41年に完成した。敷地中央に建つ中央看守所及び事務所を中心として5棟の舎房を扇形に並べるほか,敷地内には附属工場や拘置監など一連の施設が良好に保存されている。中核となる建物群は,ロマネスクを基調とした煉瓦壁の外観で統一され,左右対称の整然とした計画で配置されており,意匠的にも優れている。明治政府が刑事施設の国際標準化を目指して計画した監獄の希少な遺構として歴史的価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

旧奈良監獄 中央看守所及び事務所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

神戸女学院 体育館
神戸女学院 葆光館
神戸女学院 ケンウッド館
旧醸造試験所第一工場
神戸女学院 汽罐室
ページトップへ