賦山何連歌 ふすやまなにれんが

文書・書籍 / 江戸 / 佐賀県 

鍋島直大・鍋島直正・貢姫ら詠 川浪実充筆
なべしまなおひろ なべしまなおまさ みつひめ
佐賀県
慶応4年5月25日/1868年
紙本墨書
縦14.0cm 横44.0cm
1帖
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

連歌は、複数人で短歌の上句と下句を詠み継いで100句まで続ける。11代佐賀藩主鍋島直大の発句、正室駒姫(胤子)の脇句に続き、連衆として、鍋島直正(10代佐賀藩主)、筆姫(直正継室)、慈貞院(貢姫)、宏姫、尚丸、昶姫など鍋島家御一家による句が続く。慈貞院~昶姫はいずれも直正の子女。慈貞院は連歌の前月、23年ぶりに江戸から佐賀に帰郷したばかりだった。
発句 蔭高き若葉の色や神の森 直大朝臣
脇 すゝしきかせにそよくいみ竹 氏女

作品所在地の地図

関連リンク

賦山何連歌チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島直大宛て筆姫書簡
上々様方御筆御短冊
上々様方御筆御短冊

筆姫・徽姫・観姫・猶姫・貢姫

松平慈貞院(健子・貢姫)像
下絵帖
下絵帖

松平慈貞院(貢姫・健子)

下絵帳
下絵帳

松平慈貞院(貢姫・健子)

ページトップへ