線刻男神鏡像

出土地:奈良県吉野郡天川村金峯山出土
平安時代・12世紀
銅製鍍金
径27.4
1面
重要美術品

鏡に擬した銅板に、後屏(こうびょう)を背に衣冠束帯(いかんそくたい)で坐す男神の姿を線刻する。古くから修験の山として信仰されてきた奈良県吉野の金峯山(きんぷせん)から出土したもので、具体的に神の名を特定することは難しい。上部に穴が開けられており、紐を通して懸けつるしたとみられる。(20120228_h131)

作品所在地の地図

関連リンク

線刻男神鏡像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

線刻蔵王権現鏡像
線刻水分三神鏡像
男神鏡像
線刻蔵王権現鏡像
銅板鎚出蔵王権現像
ページトップへ