国立天文台レプソルド子午儀室 こくりつてんもんだいれぷそるどしごぎしつ

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 大正 / 関東 

東京都
大正/1925
鉄筋コンクリート造平屋建、鉄板葺、建築面積36㎡
1棟
東京都三鷹市大沢2-1007-1
登録年月日:20140425
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
登録有形文化財(建造物)

子午線上を通過する天体を観測し、その地の経度や時刻を決める子午儀を納める建物。ゼツェッション風の意匠を持つ鉄筋コンクリート造平屋建の建物で、鉄骨造の小屋組はレール上に据えられ、観測時には鉄骨造の切妻屋根が中央から開き、子午儀上方を開放する。

作品所在地の地図

関連リンク

国立天文台レプソルド子午儀室チェックした作品をもとに関連する作品を探す

国立天文台ゴーチェ子午環室
国立天文台第二子午線標室
国立天文台第一子午線標室
国立天文台第一赤道儀室
国立天文台大赤道儀室
ページトップへ