裸婦図〈山本芳翠筆/油絵 麻布〉 らふず〈やまもとほうすいひつ/あぶらえ まふ〉

絵画 / 明治 / 中部 

山本芳翠
岐阜県
明治
油絵 麻布 額装
縦83.0cm 横134.0cm
1面
岐阜県岐阜市宇佐4−1−22
重文指定年月日:20140821
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

山本芳翠(1850~1906)は岐阜県出身。五姓田芳柳、ワーグマン、フォンタネージらから洋画を学び、明治11年(1878)に渡仏、およそ10年間滞在し西洋における伝統的な絵画技法(油彩技法)を学んで帰国した。本図は、明治13年(1880)ごろ、フランスで制作された作品である。
芳翠は明治期の日本洋画壇を牽引した一人であり、本作品は日本人による完成度の高い油彩裸体画としては最初期のもので、極めて画期的な作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

裸婦図〈山本芳翠筆/油絵 麻布〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

沼の落日
沼の落日

フォンタネージ、アントニオ

靴屋の親爺〈原田直次郎筆 一八八六年/油絵 麻布〉
Nの家族(小出楢重筆 一九一九/油絵 麻布)
月夜虎
月夜虎

山本芳翠筆

湖畔〈黒田清輝筆 一八九七年/油絵 麻布〉
ページトップへ