大山町所子 だいせんちょうところご

その他の画像全2枚中2枚表示

農・山村集落 / 中国・四国 

鳥取県
25.8
鳥取県西伯郡大山町
選定年月日:20131227
重要伝統的建造物群保存地区

所子の集落は、大山から日本海に注ぐ阿弥陀川河口から約1.7キロメートル上流の西にあり、川の水利を利用した田畑を生産基盤として発展した農村集落である。重要文化財門脇家住宅を始めとして近世から昭和初期にかけて建築された大規模な主屋や附属屋等からなる農家が群として残り、集落内を縦横に巡る水路、田畑等と一体となった農村景観を形成している。伯耆地方の伝統的な屋敷構えをもつ、大山の豊かな水を活かした農村集落。

作品所在地の地図

関連リンク

大山町所子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

養父市大屋町大杉
東近江市五個荘金堂(農村集落 滋賀)
門脇家住宅(鳥取県西伯郡大山町) 主屋
門脇家住宅(鳥取県西伯郡大山町) 米蔵
牟岐町出羽島
ページトップへ