刀剣研磨 とうけんけんま

金工 

指定年月日:19750423
重要無形文化財

刀剣類の研磨については、古く、「延喜式」兵庫寮の造刀次第にも見られる。帯刀が禁止された明治期には日本刀が美術工芸品として見直され、その後、本阿彌平十郎成重【ほんあみへいじゆうろうなるしげ】によって刀剣の特性に適った現代的な研ぎが完成された。研磨の目的は、刀剣類の地鉄、刃文の美しさ、刀工の個性を引き出すことにある。工程の要点は、刀身の姿(体配【たいはい】)、肉置【にくおき】を整形すること及び地鉄の色合い、肌模様【はだもよう】を研ぎ出す点にある。工程は、荒研【あらとぎ】から下地研【したじとぎ】へと進み、最後に棟及び鎬地【しのぎじ】に磨きをかけ、帽子をナルメながら美術刀剣を生み出すものである。

関連リンク

刀剣研磨チェックした作品をもとに関連する作品を探す

博多鋏の製作技術
刀<無銘 伝長義/>
刀<無銘 伝長義/>

伝 備前国長船長義(でん びぜんのくにおさふねながよし)

輪島塗煮物椀制作工程見本
輪島塗煮物椀制作工程見本

輪島塗技術保存会

研炭製造
刀[重要刀剣]
刀[重要刀剣]

(折返銘)正恒[古備前]

ページトップへ