佐竹曙山筆 紅蓮図 さたけしょざんひつ ぐれんず

日本画 / 東北 

佐竹曙山
秋田県
江戸後期
絹本著色 軸装
縦87.0㎝、横30.5㎝
1幅
秋田市中通二丁目3番8号
秋田県指定
指定年月日:20150320
秋田市
有形文化財(美術工芸品)

曙山は、第8代秋田藩主である佐竹義(よし)敦(あつ)の号で、自ら博物学や西洋画法に高い関心を持ち、直武を通じて本格的に西洋画を学んだ。安永7年には、我が国初の西洋画論となる「画(が)法(ほう)綱(こう)領(りよう)」と「画(が)図(と)理(り)解(かい)」を著している。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

佐竹曙山筆 紅蓮図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

佐竹曙山筆 竹に文鳥図
佐竹曙山筆 湖山風景図
佐竹曙山筆 燕子花にナイフ図
燕子花にハサミ図
燕子花にハサミ図

佐竹曙山筆 

小田野直武筆 笹に白兎図
ページトップへ