松村家住宅門及び塀 まつむらけじゅうたくもんおよびへい

住居建築 / 昭和以降 / 九州 

福岡県
昭和前/1936
門 木造、瓦葺、間口2.0m、東方潜戸付 塀、コンクリートブロック造、瓦葺、総延長8.8m
1棟
福岡県福岡市中央区大名2-127
登録年月日:20150326
登録有形文化財(建造物)

敷地の南辺を画する門と塀。門は棟門で西方に引違の格子戸と両開の板戸を持ち、東側に潜りの板戸を開く。門の左右に折曲がりで続く塀は煉瓦大のブロック積で、表面を洋館と同様にモルタル塗の粗面仕上げとする。通りの景観に寄与する、瀟洒な意匠の門塀である。

関連リンク

松村家住宅門及び塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木綿家住宅門及び塀
松村家住宅洋館
木村家住宅門及び塀
山内家住宅門及び塀
和田家住宅門及び塀
ページトップへ