旧大和田銀行本店本館 きゅうおおわだぎんこうほんてんほんかん

建造物 / 中部 

福井県
昭和
鉄骨煉瓦造、建築面積338.30平方メートル、3階建、地下一階、屋上塔屋付、南面及び東面策附属
1棟
福井県敦賀市相生町7番8号
重文指定年月日:20170223
国宝指定年月日:
重要文化財

旧大和田銀行本店本館は,大和田銀行創業者である大和田荘七の意向を受けて,食堂や集会室などの市民のための機能を備えた銀行として計画された。設計は京都帝国大学営繕課長の永瀬狂三らが担当し,昭和2年に竣工した。
旧大和田銀行本店本館は,内外観は幾何学意匠を基調としつつ,1階外壁や内部の客溜などに古典的要素を取り入れて銀行建築らしい重厚さを備え,また出入口の庇などには独自の意匠も織り交ぜながら,破たんなくまとめられている。限られた規模の中に,複数の出入口や階段,昇降機等を巧みに配置して銀行機能と公共的機能を効率よく収めており,地域への貢献を目指した地方の銀行建築として価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

旧大和田銀行本店本館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧第九十銀行本店本館
旧毛利家本邸 台所付倉庫
旧毛利家本邸 用達所倉庫
旧毛利家本邸 台所
旧東京科学博物館本館
ページトップへ