棲霞園及び梅ヶ谷津偕楽園 せいかえんおよびうめがやつかいらくえん

その他の画像全3枚中3枚表示

庭園 / 江戸 / 九州 

長崎県
江戸
長崎県平戸市
指定年月日:20131017
管理団体名:平戸市(平26・3・24)
史跡名勝天然記念物

 平戸藩第10代藩主の松浦熈(観中)(1791〜1867)は、平戸城の城下とその郊外に2つの別邸を構え、各々の立地環境・目的に応じて、異なる意匠・形態の庭園を造営した。
 そのうちのひとつである棲霞園は、熈が政務の合間に和歌を詠み、風景を観賞し、心を癒すことを目的として作庭された庭園で、平戸城の本丸が位置する亀岡山の西北傾斜面及びその山麓の平坦な芝生地から成る。天保4年(1833)に熈が園内に建立した花畑碑の碑文によると、文化7年(1810)に庭園の修築を開始し、文政12年(1829)に完成したことが知られる。
棲霞園の絵図には、作庭後の間もない頃の姿を描いた文政7年(1824)の『御花畑之図』、改修後の姿を描いた元治元年(1864)の『御花畑絵図』の2葉が残されている。そのうち前者には、カーネーション・時計草など当時の日本では珍しかった植物をはじめ、大規模な整形式の迷路花壇が描かれており、熈が西洋文化に興味を持ち、触れる機会が多かったことがうかがえる。現存する棲霞園の庭園・建造物の地割・位置は、改修後の元治元年(1864)に製作された『御花畑絵図』と詳しく照合することができ、空間構成に大きな変化はないことが知られる。
 かつてヤマザクラ・ヤマモミジが多数叢生し、今は深い常緑広葉樹林に覆われた背後の傾斜面の裾部には、澄鑑池と呼ぶ池泉があり、その水面の中央には、「醴湧」と刻字された石碑を伴う石組みの井戸に向かって沢飛石が延びる。澄鑑池の北側には平坦な芝生地が広がり、その東辺に花畑碑及び棲霞園十勝碑(安政6年)が立つ。芝生地の西側には言葉亭及び錦斎などの建造物が建ち、さらにその北側に下の池が存在す…

作品所在地の地図

関連リンク

棲霞園及び梅ヶ谷津偕楽園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御後園絵図(文久3年)
金平成園(澤成園)
渡辺氏庭園
南昌荘庭園
竹林寺庭園
ページトップへ