寿老人図 じゅろうじんず

日本画 / 江戸 

鍋島斉直
なべしまなりなお
江戸時代後期
絹本墨画 掛幅装
縦29.8cm 横21.5cm
1幅
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

9代佐賀藩主鍋島斉直筆として伝わる寿老人図。童子が寿老人の長頭に梯子をかけて剃髪する様子を描く。同図はすでに江戸時代中期の磯田湖龍斎(1735~90)筆に確認でき、「外法梯子剃」としてポピュラーな画題であった。蘭学者で西洋画法を学ぶなど先駆的画人でもあった司馬江漢(1747~1818)に藩士を学ばせたことなどが知られる斉直だが、本作の迷いなくひかれる線には筆慣れたうまさが見受けられる。

作品所在地の地図

関連リンク

寿老人図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島斉直像
鍋島斉直印
和歌書「夕帰雁」
和歌書「夕帰雁」

幸姫(9代藩主鍋島斉直室)

八仙人図
八仙人図

鍋島綱茂

徴古館開館式式辞
ページトップへ