田端変電所 たばたへんでんしょ

油彩画 

長谷川利行 (1891(明治24)年-1940(昭和15)年)
ハセガワ・トシユキ
大正12年/1923年
油彩・板
23.8× 32.6
1面

明治時代から美術家や文学者が移り住み、多くの芸術家を育んだ田端地区。京都府出身の長谷川利行(1891―1940)は、はじめ歌人として活躍。大正後期に上京し、本格的に絵画制作を開始、田端を画題に何点もの作品を描いています。
この作品は、上京後、初めて公募展に入選を果たした作で、ほぼ真正面から捉えた建物を、画面いっぱいに力強く描き出しています。明るく開放的な色彩や、生き生きとした線描。自由で奔放な利行の画風とその制作態度は、次第に注目を集め、とくに若い画家たちの支持を得るようになりました。広島出身の靉光とも親しく、靉光を描いた肖像画のほか、「靉光に」と題した詩も残しています。以後、酒場や演芸場などの盛り場や都市風景を多く画題とした利行は、華やかな色彩の裏に人生の機微を感じさせる、独自の画風を展開していくことになります。

作品所在地の地図

関連リンク

田端変電所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊豆大島
伊豆大島

長谷川利行

ノアノアの少女
ノアノアの少女

長谷川利行

パンジー
パンジー

長谷川利行

酒売場
酒売場

長谷川利行

霊岸島の倉庫
霊岸島の倉庫

長谷川利行

ページトップへ