花園 はなぞの

その他の画像全2枚中2枚表示

油彩画 / 昭和以降 / 中部 

靉 光(あいみつ)
岐阜県
昭和/1940
油彩,キャンバス,額装,寸法 96.0㎝×142.0㎝
1面
岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
登録年月日:20150702
登録美術品

 本作は,昭和戦前・戦中期の日本近代洋画,なかでも前衛絵画を代表する画家の一人である靉光(あいみつ)(本名:石村日郎)の手になる作品である。
 靉光は,明治40年(1907)広島県に生まれた。広島市内の印刷所で短期間勤務した後,大阪の天彩画塾,上京して太平洋画会研究所で洋画を学び,自らの画風を模索しながら,多くの公募展に作品を出品した。昭和11年(1936)にライオンを題材とした一連の作品で重厚な作風を確立し,中央美術展で准賞を受賞。昭和13年には独特な幻想性を強く示す《眼のある風景》(出品時のタイトルは《風景》)が独立美術協会第8回展で独立賞を受賞した。その幻想性は,その後,宋元画に学んだ細密描写による一連の静物画に受け継がれつつ展開する。昭和14年には,前衛画家による美術文化協会の結成に参加するが,戦時下に表現の自由に対する抑圧が強まると,昭和18年には新人画会を結成。戦時下においても自らの表現を続け,緊張感に満ちた3点の自画像を残している。昭和19年に召集を受け,中国に渡り,終戦後間もない昭和21年に上海で,38歳で戦病死した。
 《花園》は,昭和15年の美術文化協会第1回展に出品されたものである。強い幻想性を示す作品から細密描写による静物画へと移行する時期に描かれたものであり,一連の幻想的な作品の中でも靉光の画風の特質をよく示す代表的な作品である。
 茶褐色で統一された画面には,繁茂する植物様のイメージが,先行する作品にみられるように,絵の具の塗りと削りを繰り返すことで描かれている。半透明の油絵具が重層的に塗られることで,むせかえるような生命力をもって植物が闇の中か…

作品所在地の地図

関連リンク

花園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

自顔像
自顔像

靉光

編み物をする女
馬

靉光

視点B
視点B

鶴岡政男

婦人の愛
婦人の愛

飯田操朗

ページトップへ