宝円寺山門及び築地塀 ほうえんじさんもんおよびついじべい

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 明治 / 中部 

石川県
明治/1899頃
山門 木造、瓦葺、間口2.8m 築地塀 木造、瓦葺、総延長8.4m
1棟
石川県金沢市宝町358
登録年月日:20120813
宗教法人宝円寺
登録有形文化財(建造物)

境内入口に建つ山門と左右の塀である。山門は大型の一間薬医門、切妻造桟瓦葺で、男梁上の三斗で軒桁を受け、冠木上には龍を象った蟇股を飾る。築地塀は精緻な石積基礎上に建ち、両端を前方に出した配置とする。禅院の結界に相応しい厳格な構えをみせる。

作品所在地の地図

関連リンク

宝円寺山門及び築地塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

本善寺山門
水無瀬神宮神門及び築地塀
善龍寺山門
源聖寺山門
西教寺大門及び築地塀
ページトップへ