京名所文鋳銅火鉢 焼型鋳造用模型原型 きょうめいしょもんちゅうどうひばち やきがたちゅうぞうようもけいげんけい

金工 / 大正 / 富山県 

作:津幡双寿,図案:中野双山
つばたそうじゅ,なかのそうざん
富山県高岡市
大正期
金属
【1】模型原型(東寺五重ノ塔)縦14.5cm×横22.0cm×厚さ0.7cm
【2】模型原型(金閣寺)縦14.5cm×横23.5cm×厚さ0.7cm
2
富山県高岡市古城1-5
高岡市

 高岡市出身の金工家、津幡双寿による鋳銅火鉢の原型である。図案は中野双山が手掛けている。
 1点は東寺五重塔の遠景が、もう1点には金閣寺が描かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

京名所文鋳銅火鉢 焼型鋳造用模型原型チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梵鐘撞座原型
豆に虫文香合
豆に虫文香合

中野双山

高岡博協賛会バックル
高岡博協賛会バックル

原型:須賀木仙

高山右近像
高山右近像

原型:米治一,鋳造:大澤光民

岩上の女
岩上の女

原型:樽谷清太郎,鋳造:堺幸山

ページトップへ