金原家住宅離れ かねはらけじゅうたくはなれ

住居建築 / 大正 / 中国・四国 

広島県
大正/1912~1926/1997移築
木造平屋建、瓦葺、建築面積31㎡、渡廊下付
1棟
広島県東広島市西条町下三永字土壇原286-5
登録年月日:20120813
登録有形文化財(建造物)

主屋西側に渡廊下を介して建ち、木造平屋建、建築面積三一平方メートル、入母屋造桟瓦葺である。トコ・棚付きの六畳主室と次の間を並べ、南側に便所を配する。便所壁に木瓜形の竹格子窓を穿ち、渡廊下には花頭窓を設けるなど小規模ながら瀟洒なつくりの離れ。

作品所在地の地図

関連リンク

金原家住宅離れチェックした作品をもとに関連する作品を探す

金原家住宅主屋
有隣荘離れ
寒川家住宅離れ
川本家住宅離れ
桑田家住宅離れ
ページトップへ