旧岩崎家末廣別邸東屋 きゅういわさきけすえひろべっていあずまや

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 関東 

千葉県
昭和前/1926~1945/1995改修
木造平屋建、鉄板葺、建築面積49㎡
1棟
千葉県富里市七栄650-25
登録年月日:20131224
富里市
登録有形文化財(建造物)

主屋の南方に位置する。主室と台所からなり、主室周囲に吹放しで軒の深い下屋を廻らす。すべて土間とし、主室では洋風家具を用いる。スギの面皮柱や、天井にコブシの皮付丸太を用い、下屋に曲木の柱や磨き丸太の垂木、蒲天井を用いるなど、数寄屋意匠を加味する。

作品所在地の地図

関連リンク

旧岩崎家末廣別邸東屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧岩崎家末廣別邸主屋
瀧波家住宅離れ座敷
旧岩崎家末廣別邸石蔵
若林家住宅台所棟
木綿家住宅離れ
ページトップへ