大歩危 おおぼけ

その他の画像全5枚中5枚表示

地質鉱物 / 中国・四国 

徳島県
徳島県三好市
指定年月日:20140318
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 大歩危は,徳島県三好市の一級河川吉野川の中流にあり,河床と河岸には,関東から九州まで日本列島を縦断して分布する三波川変成岩(さんばがわへんせいがん)が典型的にみられる。三波川変成岩は一般に「三波石(さんばせき)」,徳島では「阿波(あわ)の青石(あおいし)」と呼ばれ,共に石材として著名である。三波川結晶片岩は,中生代ジュラ紀から白亜紀にかけての海洋プレートの沈み込みにより大陸側に付加され,地下深くに押し込まれ,高い圧力のもとで再結晶したものである。大歩危付近の三波川変成岩は,ドーム状の背(はい)斜(しゃ)構造(こうぞう)という褶曲(しゅうきょく)構造を示している。今回の指定対象地では,背斜構造の中心部に近い部分に原岩(げんがん)の年代(変成作用前の年代)が新しく変成の程度が弱い砂質(さしつ)片岩(へんがん)や礫質(れきしつ)片岩などが分布し,背斜構造の中心部から離れた部分には泥質(でいしつ)片岩や緑色(りょくしょく)片岩などの変成度の高い古い岩石が分布し,見かけ上新しい岩石と古い岩石の位置関係が逆転している。
 大歩危の三波川変成岩は,海洋プレートの沈み込みにより付加された地層から構成されるわが国の成り立ちを知る上で,極めて重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

大歩危チェックした作品をもとに関連する作品を探す

八幡浜市大島のシュードタキライト及び変成岩類
大鹿村の中央構造線(北川露頭・安康露頭)
夕張岳の高山植物群落および蛇紋岩メランジュ帯
名護市嘉陽層の褶曲
五色ノ浜の横浪メランジュ
ページトップへ