大阪府野中古墳出土品 おおさかふのなかこふんしゅつどひん

考古資料 / 古墳 / 近畿 

大阪府
古墳
一括
大阪府豊中市待兼山町1-13
重文指定年月日:20150904
国宝指定年月日:
登録年月日:
国立大学法人大阪大学
国宝・重要文化財(美術品)

古市(ふるいち)古墳群中、墓山(はかやま)古墳の陪塚(ばいちよう)である野中古墳からの出土品一括。主要な遺物291点と、附の一括で構成され、甲冑をはじめとした多量の鉄製武器・武具を含むことを特徴とする。
本資料は、政権中枢部における古墳時代中期の鉄器多量埋納の実態を示し、古市古墳群の実像や中央政権の軍事力、経済力を具体的に表す資料として重要である。また、当時の軍事組織や対外交流、金工技術を考究するうえでも、学術的価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

大阪府野中古墳出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

福岡県稲童古墳群出土品
東京都野毛大塚古墳出土品
宮崎県島内地下式横穴墓群出土品
大阪府安満宮山古墳出土品
摂津豊中大塚古墳出土品
ページトップへ