甕(珠洲窯)

その他の画像全4枚中4枚表示

出土地:新潟県妙高市 関山神社経塚出土
平安時代・12世紀
1口

平安時代末期、日本海側に一大商圏を確立したのが石川県能登半島の珠洲窯である。珠洲窯は須恵器の系譜を引き、黒灰色の素地、鋭い成形、胴に巡る斜状の叩きと、いかにも質実で力感に溢れる造形となっている。経塚から経筒外容器として出土した。

作品所在地の地図

関連リンク

甕(珠洲窯)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

外容器(甕)
珠洲陶器窯跡
片口鉢(珠洲)
巴文大壺〈珠洲/〉
外容器(甕)
ページトップへ