大野原古墳群 椀貸塚古墳 平塚古墳 角塚古墳 おおのはらこふんぐん わんかしづかこふん ひらづかこふん かくづかこふん

その他の画像全4枚中4枚表示

古墳 / 古墳 / 中国・四国 

香川県
古墳時代後期
香川県観音寺市
指定年月日:20151007
管理団体名:観音寺市(平28・2・3)
史跡名勝天然記念物

大野原古墳群は,瀬戸内海を望む香川県西端の,海への眺望が開けた標高約30mの扇状地のほぼ中央に位置する,6世紀後葉から7世紀前半の古墳群である。
 椀貸塚古墳は,6世紀後葉のものと考えられ,直径37.2m,墳丘高9.5m,二重の周(しゅう)溝(こう)を持つ円墳で,埋葬施設は全長14.8mの横穴式石室である。平塚古墳は,7世紀初頭のものと考えられ,直径50.2mの香川県最大の円墳で,墳丘高約7m,埋葬施設は全長13.2mの横穴式石室である。角塚古墳は7世紀前半のものと考えられ,墳丘の長軸が約42m,短軸約38m,墳丘高約9mの方墳であり,埋葬施設は全長12.5mの横穴式石室である。
 大野原古墳群は,この時期の古墳群としては卓越した墳丘規模であり,横穴式石室の規模は四国においても最大級である。しかも首長墓が3世代にわたり継続的に築造されているという点で,西日本における希な例である。大野原古墳群は,古墳時代後期における四国のみならず西日本における政治や社会の在り方を知る上で極めて重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

大野原古墳群 椀貸塚古墳 平塚古墳 角塚古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

馬越長火塚古墳群
巨勢山古墳群
水科古墳群
纒向古墳群
津田古墳群
ページトップへ